中国旅行(澳門編2)

中国旅行記になります。

UO成分は一切ありませんので、興味のない方はスルーでお願いしますm(_ _)m

令和二年元旦の澳門のつづきになります。

 

おくさまから無事澳門入国できたと連絡がありましたが、その後メッセ送っても返事がありません…

※後から聞いた話ではローミングできない契約だったとか

国境のものすごい行列は既に見てるので、当分市内までは来れないだろうなと、またうちのおくさまが行くカジノといえばリスボアかグランドリスボアだろうと予想して、そこらへん目指します。

(既に随分経ちましたので、記憶が定かでないので多少前後してると思います^^;

 

 

澳門入国後の移動ルートは、国境からバスでコタイギャクシーへ(iPhone修理)、ギャラクシーからバスでフェリーターミナルへ(昼飯)、フェリーターミナルからバスで皇都ホテルへ(撮影)、撮影後徒歩でグランドリスボアへ、スターワールドからバスでギャラクシーへ(iPhone受け取り・購入)、ギャラクシーからバスでスターワールドへ(市内へ戻る)。

※移動は全部カジノの無料バスw

 

 

用事を済ませてからおくさまを探しにリスボア行ったのかな??(記憶にないw

なんとかグランドリスボアで連絡が付いたので、2Fのステージ前でビール飲んでるよと伝えました^ー^

※グランドリスボアの2Fにはダンスステージがあって、カウンターに座ってお酒飲みながらショー見れるのです。

 

さすがに歩き疲れた(iPhone11の万歩計アプリによると受け取り後で12000歩程度)ので、久しぶりにまともなビール飲みながら新しいiPhoneいじって遊んでましたw

その間のおくさまの戦績はというと、あまり芳しくないようなので嫌がるおくさまを無理やり財神カジノに引っ張っていきます。

※マカオのカジノと言えば老舗ローカルのリスボア・グランドリスボアですが、お金持ちの観光客あたりだと比較的新しい外資系(アメリカ系)のカジノホテル、地元ローカルや香港人だとそこらへんのホテルに併設してるカジノかな?

 

ローカル系の方がレートが安いテーブルがあるので、だらだら賭けて遊ぶにはそっちの方がオススメです。

以前に故青木雄二さんが、「だらだらパチンコ屋や公営ギャンブルやるくらいなら有り金全部持ってマカオのカジノで一発勝負!」てのを見た記憶がありますが、そもそもギャンブルに一切興味がないもんで、おくさま置いて近くのローカルスーパーチェックに行きました^ー^

 

以前は割とおもしろい商品とかもあったのですが、今回は残念ながら見つけることはできませんでした…

逆に100円ショップ的な均一価格コーナーがあったりしましたね^^;

おもしろい(?)お店だと、コンビニ的な店内が全部日本の化粧品や薬を売ってるところがありましたが、残念ながらお客さんはあまりいませんでした。(次行ったらつぶれてるかも…

 

そんな感じで時間をつぶしつつ、おくさまの様子を見に行くとちょっと(2000HK$、28000円)くらい買ってるようなので、「また来年来ようね♪」と説得して珠海に戻りました。

 

戻った後は昨晩泊まったホテルに預けてた荷物を引き取って、もうちょっと安いホテルに移動ですw

昨晩も食べた海鮮串屋さんでビール飲みながら晩御飯食べて、帰りに足マッサージに行ってホテルでゆっくり寝ました♪

 

こんな感じの令和二年元旦を過ごしました^ー^

スポンサーサイト

コメント